人間万事塞翁が( ゚Д゚)ウマー

一番、「酔っ払いの戯言」イキます。

若さとは・・・

「東京ラブ・ストーリー」が関テレで再放送されている。

当時は観ていない。テレビ大好きっ子だけど、「東京ラブ・ストーリー」と「ロング・バケーション」はめっちゃ流行ってたけど、どうしても観る気にならなかった。なぜだろう?

そうだ、多分ちょうど環境が変わった頃だったからかな?美容学校で寮生活、就職の目まぐるしい時期たったのか…?
(今調べたらやっぱりそうだった。ロンバケ阪神大震災の後か…)

で、今 観ると…恥ずかしいっ!
とても見てられなくて、そっとチャンネルを変えました・・・

柴門ふみ原作なら、漫画の方が絶対に面白いし、好きなのだ。

東京ラブストーリー(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

Age,35(上)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

小早川伸木の恋(1) (ビッグコミックス)

あぁそれにしても・・・
自分の過去も、こんな恥ずかしいのだろうな。
今の私があの頃の二人(恋愛ちう)を眺める・・・盛り上がってるなぁ。うんうん、どんだけ親に迷惑を・・・キャ───(*ノдノ)───ァ

恥ずかしさで悶死する・・・_( 」∠)_バタッ


もう戻らない日々・・・
今じゃなかなか感動する事も少なくなって。反対に些細なことでも泣いちゃうくらい涙脆くはなったけど。それは感動とは少し違う。


もう恋愛は「遠い日の花火」である。

恋は、遠い日の花火ではない。其の2 - YouTube

大森南朋、若っ。
こんなドキドキ、欲しいわ〜


たとえどれほど素敵な男性に出会ったとて、恋に落ちることは無いだろう。
もうその先が分かってしまっているからね。それが熟女というものである・・・なんつって。