人間万事塞翁が( ゚Д゚)ウマー

一番、「酔っ払いの戯言」イキます。

カレー事件

それは先週の土曜日のことだった・・・。

コンビニでレジに立っていると若い男の方がこう言った。
「男子トイレがえらいことになってますよ」

(あーまたか・・・)

男子トイレはよく汚されていて、何度も掃除していた・・・そう、男とは一体何なんだ?ち〇ぽが曲がっているのか?どうしたらそっちの方向がビシャビシャになるんだ?ってくらい、床がシッコ塗れなことが何度もあった。そして、後で入った人も床を踏んでそのまま店内をウロつく・・・。(この恐怖伝われ)


話がそれたが、私は店長に報告し、トイレに行って掃除をしようとドアを開けた瞬間・・・・・絶句した。

そこは一面、カレーの海・・・だった。

液体の中に浮かぶ僅かな肉片のような塊・・・そして、何とも言えない臭い・・・
便器には片側にカレーを零したような後がついていて。


一瞬、店長を呼ぼうか?と迷ったけれど、(ままよ!)とそのまま掃除を始めた私の手には、その肉片の方のようなものの温もりが感じられて・・・したばっかりかよ・・・(白目)


目からも鼻からもキレイな水を流しながら、そしてしゃがみっ放しで攣りそうな足をなんとか誤魔化しながら、小部屋の掃除は終盤に差し掛かっていた。

しかし、こんなにキレイになったのにまだ臭う・・・?何故?

そう考えながら、自宅のトイレで男どもが零したオシッコが便器の横についていると臭いのを思い出し、便器の横から拭き始めたその時。
(え・・・・何かある)
まさか。



それは丸められたボクサータイプのパンツであった。

それまではこの悲惨な現場を作ったのは惚けた老人だったのかもしれない、あれ?私はいつから介護職になったんだっけ?・・・と思いながら床を拭いていたのだが、パンツを見つけたその瞬間、(あ、子どもだったのかな?お父さんが下手こいて撒き散らしたのかな?)という考えが頭に浮かんだ。

手に取って、広げてみる。

違った。大人用だ。

という事は、惚けた老人でもなく、まだ年端もいかない子どもでもなく、自分のことは自分でできるはずの大人が!撒き散らしたモノを!片付けもせずに!放置して!逃げやがったのか!

ムラムラと沸き上がる怒り。

放たれるドーパミン

もう涙も出やしない。笑いしか出ない。


(ちなみにベルトまで置いていってた。うんこ付いたんだな)


いいかお前ら!!!!!
大人は!自分の失敗したものは!片付けていけ!特に男!!!!!しっかり便器に向けて放たんかい!ボケが!!!!


(:.;゜;Д;゜;.:)ハァハァハァ・・・



その話を他のバイトの子とした時に、「私もそういうことがあって、しばらくカレーが食べれなかった」と話していたが、
(あれ?・・・私その日の昼にカレー食ったわ)
と気づき、結構なトラウマになったと思っていたのが、存外に平気な自分の神経に・・・乾杯!



以上、これがカレー事件の全容である。



f:id:sorominoko:20180417155912j:plain

あわせてミンチ事件もどうぞ。
ミンチ事件 - 人間万事塞翁が( ゚Д゚)ウマー