人間万事塞翁が( ゚Д゚)ウマー

一番、「酔っ払いの戯言」イキます。

お題をください。

本を読むのも好きだし、映画を観るのもすきだが、近頃はどちらもめっきり減った。集中と持続が出来ずに、さらに言えば思考も続かないので、ブログを書くことも億劫である。単調さは幸せでもあるのだが物語がない・・・訳ではないのか。私が見い出せないだけか。


ツィッターでつぶやくのがせいぜい。
なんにも考えなくて良い。
だが140文字内でも、とても面白い文を書く人がいる。クスリと笑わせる人。凡人ゆえに、そういう苦味の効いたユーモアのある文を書く(または単純に笑える文を書く)人達に憧れる。

たくさんのモノをインプットして、それを咀嚼しアウトプットする。しかも他人に分かるように。素晴らしい。羨ましい。


何かを書こうと思ったら、お題があった方がいい。記憶の海から何かを引っ張り上げるには、言葉が必要だと思う。

だから、何かを見たり読んだりした時に引っかかるもの、思い出すもの、そういうものに対して書く(私の書くものは尻切れトンボばかりだが)。

大抵が自分語りだが、それでいい。

そうやって自分が自分を知る作業を積み重ねて今がある。

さて、今日は「いつ誰どこ何」に引っかかるかな?





f:id:sorominoko:20170920130819j:plain

私も出来上がりたい…