読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間万事塞翁が( ゚Д゚)ウマー

一番、「酔っ払いの戯言」イキます。

今日は遅くなった

まぁ、本来美容師とはこれでも早いくらいだろう。

久しぶりに、日が暮れるまで働いた(というほどでもない)。忙しいのではなく、普段帰る時間に予約が入ったからである。(私のお客さんではない、勿論)

あ、フットマッサージのお客さんもいた。それは一応私のお客さんか。

仕事があれば、居ますよ。でも、いつもないからね。帰るよね。

あと3週間頑張ろう。
もう絶対夫婦や親子経営のとこで働かないぞ!(今頃かよ笑)



先生は、経営者として美容師として、凄いな〜と思う。美容師になると決めて、店を持つと決めて、その通りにやってきて、凄く稼いで。「美容師 面白いでしょ?楽しいでしょ?日々勉強だよね〜」ってさ。すみません、そうなりたかったけど、なれませんでした。

昔話とかを聞いていると、なるほど、自分とは全く違うわ。
「両親が九州出で、大阪で大工をしていて、職人さんを沢山雇ってめっちゃ稼いでた。羽振りが良かったから、良いもん食べてたよ。母が毎年お正月になると百貨店で洋服をあつらえてくれていたけど、ヒラヒラしてて嫌だった」「旦那にオレ伊勢海老食べたの大人になってからだって言われて、そんなん昔から食べとったわってゆうたった」「お姉ちゃん(先生のこと)読んでる本はなんで?が書いてある本ばっかりやなぁって母親に言われてたわ」「息子が野球で甲子園出た時に、用具でドンだけお金使ったか。(九州地方の野球強い私学に引っ張られて入学したらしい)今も中学生を教えてて、強い子を斡旋してて親に感謝されてるみたい。なんか送られてくるし」

(このような話を私と2人の時もするし、お客さんと絡みながらする)

・・・もうお腹一杯です!

もしかしたら、私以外の人は自慢だと思わないのかもしれません。私の心がネジ曲がっているから、そう感じるのかも。

だとしても、ホントお腹一杯なんです。
許してください・・・。

とにかく思うのは、愛されて育った人は幸せだなぁ・・・ということ。



f:id:sorominoko:20161010025659j:plain
ほんで、この時間に帰ってくるとご飯作る気力がなくなる。エネルギー無いなぁ。