読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間万事塞翁が( ゚Д゚)ウマー

一番、「酔っ払いの戯言」イキます。

6月の読書まとめ

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2399ページ
ナイス数:42ナイス

鹿男あをによし鹿男あをによし感想
ドラマは未視聴。おかげで楽しかった。世界とは、とても上手く出来ていて、小説の世界も上手く出来ていて。鹿の顔をどうするの?あ〜なるほど(´ー`*)ウンウンって感じで纏まっていた。
読了日:6月25日 著者:万城目学
ばらばら死体の夜 (集英社文庫)ばらばら死体の夜 (集英社文庫)感想
プロローグで、バラバラにしているのは女の方かと先読みしてしまい、読み終わってもう一度読み返すと、そうか勝手な思い込みだとわかったが、これも技か。まず、女の名前が有り得ないと思った(いや今なら有り得るか?キラキラネーム)。しかしそれさえも、どうやら伏線だったようだ。それから、粘りつくような表現と、会話のノリにも少し違和感があった。そこから生み出されるバラバラ感が、物語を作っているのか。確かに、最後までバラバラな人間模様だった気がする。どの登場人物も不安は見ない、考えない、明日へ先送り。そして続くエピローグ。
読了日:6月20日 著者:桜庭一樹
桜ほうさら桜ほうさら感想
「人は目でものを見る。だが、見たものを留めるのは心だ。人が生きるということは、目で見たものを心に留めてゆくことの積み重ねであり、心もそれによって育っていく。心が、ものを見ることに長けてゆく」私の心に残った言葉。
読了日:6月12日 著者:宮部みゆき
東京タラレバ娘(5) (KC KISS)東京タラレバ娘(5) (KC KISS)感想
段々つまらなく感じるのは、この立場じゃないからだろうな・・・
読了日:6月11日 著者:東村アキコ
いたいけな瞳 6 (ぶーけコミックスワイド版)いたいけな瞳 6 (ぶーけコミックスワイド版)
読了日:6月4日 著者:吉野朔実
いたいけな瞳 5 (ぶーけコミックスワイド版)いたいけな瞳 5 (ぶーけコミックスワイド版)感想
昔の私なら、すごーく好きだったと思う。でも今は、めんどくさい。
読了日:6月4日 著者:吉野朔実
雨柳堂夢咄 其ノ十六 (Nemuki+コミックス)雨柳堂夢咄 其ノ十六 (Nemuki+コミックス)感想
初めて読んだ。何かに似ている…
読了日:6月4日 著者:波津彬子
暗殺教室 20 (ジャンプコミックス)暗殺教室 20 (ジャンプコミックス)感想
二代目死神の気持ちもわかる。いつだって認めて欲しい人はひとりなのだ。それ以外の人に褒められても認められないのだな。
卒業おめでとう。
読了日:6月4日 著者:松井優征

読書メーター