人間万事塞翁が( ゚Д゚)ウマー

一番、「酔っ払いの戯言」イキます。

変換できる人

曇天。外では猫が威嚇し合ってる。生きるのに必死だ。

ツィッターを眺めてたら、雨宮まみさんの話が出ていて、久しぶりだな、もしかして亡くなったのが今頃だったかな、と思った。
そんなにファンという訳でもなく、それこそ亡くなる一年前くらいに初めて知ったくらい。


紹介されていた記事からブログへ飛んで、これを見つけた。
■ - 戦場のガールズ・ライフ

文章を書ける人が素晴らしいなって思うのは、こちらが言葉に表現出来ないことを代わりに言葉にしてくれること。

自分でそれが出来れば一番良いのだろうけれど、ピタッとハマらないことが多い。つまりはボキャブラリーが貧困なのだろう。

前出のブログは、もう25年以上も前に美容師のインターンで働いてた店の先輩と話してモヤモヤっとした気持ちを思い出させてくれた。

ジョンヴェル ビス―ジャン・フランソワ・ジョンヴェル写真集
これを買った時。
先輩は「人間は服を着るから色々飾れて楽しいんだろ。じゃなかったらつまらん」と。
私は「どんなに着飾っても脱げば人間そのもの。そっちの方が大事」という考え(その時は言ってない笑なんて言っていいか分からなかったから)だった。

注)写真集は恋人目線で撮られた写真集です

今はどうかな。やっぱり「ボロは着てても心は錦」と思ってるな、うん。

見た目が100%とも言う。でもそれって高い服を着てるってだけじゃなく、それを含めた印象ってことだよね。

なんだろう…書けば書くほど言い訳がましいな。劣等感は否めない。


そうだなぁ…高級な物を買えないから、知らない事にしているのかも。知ってしまったら、哀しい現実(それを持つこと買うことが食べることが手に入れることが出来ない)と向き合わなきゃいけないから。




なんつって、まだこんな思春期みたいなこと言ってますよ。
まったく、変わんねーなー。

雨宮まみさんみたいに50歳の誕生日にパーティー開こうか(笑)

消せなくても、いつかは消える

あのご夫婦が久しぶりに夢に現れた。

多分、いま働いている白髪染め専門店だと思うのだが、なんか一緒に働いていた。しかもブーブー文句言いながら。

私はなんでここに居るの!?と恐怖を感じている・・・夢。

妙に疲れた。けど、仕事忙しくて動いて家帰ってビール飲んだら忘れた。


大丈夫、大丈夫。

私はもう離れたのだから、どこかで何か言われてても、聞こえないし見えない。




お二人が仲良く幸せでありますように。

さようなら。




f:id:sorominoko:20181112150033j:plain

若さとは・・・

「東京ラブ・ストーリー」が関テレで再放送されている。

当時は観ていない。テレビ大好きっ子だけど、「東京ラブ・ストーリー」と「ロング・バケーション」はめっちゃ流行ってたけど、どうしても観る気にならなかった。なぜだろう?

そうだ、多分ちょうど環境が変わった頃だったからかな?美容学校で寮生活、就職の目まぐるしい時期たったのか…?
(今調べたらやっぱりそうだった。ロンバケ阪神大震災の後か…)

で、今 観ると…恥ずかしいっ!
とても見てられなくて、そっとチャンネルを変えました・・・

柴門ふみ原作なら、漫画の方が絶対に面白いし、好きなのだ。

東京ラブストーリー(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

Age,35(上)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

小早川伸木の恋(1) (ビッグコミックス)

あぁそれにしても・・・
自分の過去も、こんな恥ずかしいのだろうな。
今の私があの頃の二人(恋愛ちう)を眺める・・・盛り上がってるなぁ。うんうん、どんだけ親に迷惑を・・・キャ───(*ノдノ)───ァ

恥ずかしさで悶死する・・・_( 」∠)_バタッ


もう戻らない日々・・・
今じゃなかなか感動する事も少なくなって。反対に些細なことでも泣いちゃうくらい涙脆くはなったけど。それは感動とは少し違う。


もう恋愛は「遠い日の花火」である。

恋は、遠い日の花火ではない。其の2 - YouTube

大森南朋、若っ。
こんなドキドキ、欲しいわ〜


たとえどれほど素敵な男性に出会ったとて、恋に落ちることは無いだろう。
もうその先が分かってしまっているからね。それが熟女というものである・・・なんつって。